疲れや眠気を感じたら必ず車を止めよう、無理せず運転しよう

「ガツーン」という衝撃とともに私は自分の体が斜めになっているのに気付きました。しかも車の中は白い煙が充満しエアバッグが飛び出しており、体の自由がききません。

なんとか車から出ると唖然としました。車がガードレールに突き刺さった状態になていたのでした。自損事故でした。私は車でほんの10分ほどのいつものスーパーに買い物に行き、その帰りに自損事故をおこしてしまったのです。原因は居眠りでした。連日の残業続きで寝不足だったうえに風邪気味で風邪薬を飲んでいたことが居眠りの運転事故の原因でした。


そのまま車の外に出たものの体のあちこちが痛み、自分では立つことができませんでした。

事故に気付いた後続の車の方が停車し、私のことを助けて下さり、救急車と警察へ電話してくれました。私は自分では立つことができずに座り込んでしまっていたのです。私はそのまま救急車で病院に運ばれていきました。

病院では頭部の検査や外傷や骨折がないか様々な検査を受けました。幸いなことにあちこち打撲による痛みはあるものの、大きな外傷は胸部骨のひびが入るくらいのケガですみました。入院が必要なほどのケガをせずにすみましたが車のほうは全損でした。

新車で購入して半年くらいでの事故だったのでショックでした。ただ、車両保険にも加入していたおかげで車はまた新車になって戻ってきました。

懇意にしていた車のディーラーさんが事故現場を見て「いやあ、ガードレールに突き刺さった事故でよかったと思いますよ。」とおっしゃっていました。それもそのはずです、もし、ガードレールに突き刺さらずにそのまま居眠り運転で突っ込んでいくとそのまま高さ15メートルほどの崖から落ちてこんなケガでは済まなかったはずです

。あるいは命をおとしていたかもしれません。また、ガードレールの内側にぶつかってしまうとそのまま対向車線に飛び出して他の車を巻き込んでの大事故になっていたでしょう。

偶然にもガードレールに突き刺さっておかげでこれくらいのケガで済んだようです。ただ、やはり事故を起こしたショックはかなりのものでしたし、それに事故を起こした後のあの恐怖感はいまだに思い出してもぞっとします。

事故のあとも胸部の痛みは1ケ月ほど続きましたし、首や肩までも痛んで通院をよぎなくされました。車両保険や対物保険、医療保険に加入していたおかげで金銭的なことでの損失は最小限で済んだのかと思います。

しかしながら保険金の掛金は大きくあがってしまいました。以来、車は寝不足や疲れているときは乗らないよう。そして眠気を感じた時には必ず車を止めて眠気を醒ますか思い切って休憩するよう通勤途中であってもそうしています。

交通事故で加害者に直接請求するときの注意点

事故の加害者にならないよう十分に気を付けましょう

突然ですが、ちょっと想像してみてください…

「道路が混んでて進まないし、イライラするなぁ…」
「今晩のおかず何にしよう…」
「会社で怒られちゃった、何がいけなかったんだろう…」

と、運転中にも関わらず別の事を考えていませんか?
私もよくやってます(笑)

運転って、基本的には座ってハンドル操作(手)とアクセルやブレーキ(足)しか使いませんよね?
特に運転になれてしまった人ならハンドルを片手でしか持っていないとか…
(マニュアル車は運転中に両手両足使いますが、ギア操作の時しか左足使わないのであえて触れませんよ!)

これって、ほとんどリラックスしてる体制ですよね?
だから運転以外に思考が行っちゃうのかもしれませんね…

運転中に他の事を考えてボーっとしちゃうのは非常に危険なので
できるだけ控えてください!!

※私が追突事故を起こしそうになったシーンは大体これです…(奇跡的にまだ追突事故は起こしていませんが何度かビックリしました…)

それと、皆さんはどれくらい道路交通法をご存知ですか?

実は道路交通法には「安全運転の義務」というのがあるんです…

ハイ、自動車学校や免許の更新で耳にタコができるくらい聞いてますね…

これって、
「私は確実にハンドルやブレーキなどの装置を正しく使ってますよー、
 人に危害を加えないような速度や方法で運転してますよー」
ってことなんですね。

片手運転は…確実な方法じゃないですよねww
ちなみにコレ、懲役と罰金あります(本当です)

捕まったことはないけど、過失があるとみなされたら嫌ですからね…
自分で確実にと思える操作をやっておいて損はないかもしれませんね(笑)

事故を起こさない秘訣、というわけではないのですがあくまで個人的に気を付けているところにはなるのですが…

「実際に目で見て確かめる」
「相手の動きを予測しつつ、何があっても対処できる速度で運転する」
「車の整備をきちんと行い、性能を発揮できる」
等々…、上げていけばたくさんあります!

車には死角が必ずあります、なのでミラーだけではすべて見ることができないということ、
自分だけ気を付けていても、小さなお子さんやお年寄りの方が急に道路上へ出てきてしまうこと、
正しい操作は当然の事として、車の状態(ブレーキの残り、タイヤの溝)次第では安全運転ができなくなってしまう状況があること、

これは運転には確実に起こるぞというのは常に思っています。

どれも自動車学校で習ったことばかりですね…
免許を取って運転に慣れた方もたくさんいらっしゃると思いますが、もう一度基本に帰ってみるのもいいかもしれませんね。

人生初めての事故。避けようがない!

二年ほど前ですが、とある金融機関の駐車場で人生初の事故にあいました。


二十代で自動車免許を取り、これまで無事故無違反で過ごしてきたのですが、生まれて初めて事故にあい、その時正直どうしていいのかわからず焦りました。


前もって言っておきたいのですが、あくまで事故を起こされた側であり、事故の責任比率も相手が10で私は0です。それほど全く私に過失がない事故でした。


そもそもこの金融機関の駐車場での事故ですが、事故発生時は約30台ほど駐車できるスペースに私と相手の2台しか駐車していなかったのです。それほどガラガラの状態でもあるにもかかわらず。なぜか前列左斜め前に駐車している車が右往左往しながらバックしてきて私の車に急接近してきました。


その時車内にいた私はエンジンもかけ切れていない状態のため、サイドブレーキもかかったままですのでハンドルでかわすこともできず、とっさに思いついた行動がとにかくクラクションを鳴らし続けることぐらいでした。

しかしその車はそのクラクション音に気づいていないのかハンドルを切りながら私の方へとバックしてきて、つきには左前方のバンパーにぶつかってきました。

あまりスピードも出ていない状態での衝突でしたのでそれほどの衝撃もなく、すこしバンパーがへこんだ程度でした。私は怒りのあまりクラクションを鳴らし続けました。

何故これだけガラガラの状態にもかかわらず、まっずぐバックせずに無駄に右往左往したハンドル操作をするのか、そしてクラクションが聞こえないはずはないのに気を向けられなかったのか、次々と疑問が沸き上がり怒りへと変わりました。

それほどなぜ事故が起きるのか全く理解できない状況だったのです。


すると相手の車から中年男性が下りてきてすぐに謝罪してきました。私は一切すみませんを言いません。それほど私には過失が感じられなかったのですから。


その男性は本当に申し訳ないと謝罪してきて、私の怒りも収まりましたがその男性の車の後部座席を見てびっくりしました。後部窓をすべてふさぐほど荷物を高く積み上げているのです。これでは後ろが見えにくいはずです。


すぐに保険会社に電話し、警察にも連絡し対応してくれました。警察の方も状況の聞き取りをしている最中でしたが、相手に対して「これでは事故が起きるはずですよね。完全な不注意ですよね」と注意していました。私に対しては何事もなく終わりました。結果10対0で相手の完全な過失でした。


まったく避けようのない予測不能な状況でしたが、こうやって事故は起きるのかと改めて勉強になりました。