事故の加害者にならないよう十分に気を付けましょう

突然ですが、ちょっと想像してみてください…

「道路が混んでて進まないし、イライラするなぁ…」
「今晩のおかず何にしよう…」
「会社で怒られちゃった、何がいけなかったんだろう…」

と、運転中にも関わらず別の事を考えていませんか?
私もよくやってます(笑)

運転って、基本的には座ってハンドル操作(手)とアクセルやブレーキ(足)しか使いませんよね?
特に運転になれてしまった人ならハンドルを片手でしか持っていないとか…
(マニュアル車は運転中に両手両足使いますが、ギア操作の時しか左足使わないのであえて触れませんよ!)

これって、ほとんどリラックスしてる体制ですよね?
だから運転以外に思考が行っちゃうのかもしれませんね…

運転中に他の事を考えてボーっとしちゃうのは非常に危険なので
できるだけ控えてください!!

※私が追突事故を起こしそうになったシーンは大体これです…(奇跡的にまだ追突事故は起こしていませんが何度かビックリしました…)

それと、皆さんはどれくらい道路交通法をご存知ですか?

実は道路交通法には「安全運転の義務」というのがあるんです…

ハイ、自動車学校や免許の更新で耳にタコができるくらい聞いてますね…

これって、
「私は確実にハンドルやブレーキなどの装置を正しく使ってますよー、
 人に危害を加えないような速度や方法で運転してますよー」
ってことなんですね。

片手運転は…確実な方法じゃないですよねww
ちなみにコレ、懲役と罰金あります(本当です)

捕まったことはないけど、過失があるとみなされたら嫌ですからね…
自分で確実にと思える操作をやっておいて損はないかもしれませんね(笑)

事故を起こさない秘訣、というわけではないのですがあくまで個人的に気を付けているところにはなるのですが…

「実際に目で見て確かめる」
「相手の動きを予測しつつ、何があっても対処できる速度で運転する」
「車の整備をきちんと行い、性能を発揮できる」
等々…、上げていけばたくさんあります!

車には死角が必ずあります、なのでミラーだけではすべて見ることができないということ、
自分だけ気を付けていても、小さなお子さんやお年寄りの方が急に道路上へ出てきてしまうこと、
正しい操作は当然の事として、車の状態(ブレーキの残り、タイヤの溝)次第では安全運転ができなくなってしまう状況があること、

これは運転には確実に起こるぞというのは常に思っています。

どれも自動車学校で習ったことばかりですね…
免許を取って運転に慣れた方もたくさんいらっしゃると思いますが、もう一度基本に帰ってみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です