人生初めての事故。避けようがない!

二年ほど前ですが、とある金融機関の駐車場で人生初の事故にあいました。


二十代で自動車免許を取り、これまで無事故無違反で過ごしてきたのですが、生まれて初めて事故にあい、その時正直どうしていいのかわからず焦りました。


前もって言っておきたいのですが、あくまで事故を起こされた側であり、事故の責任比率も相手が10で私は0です。それほど全く私に過失がない事故でした。


そもそもこの金融機関の駐車場での事故ですが、事故発生時は約30台ほど駐車できるスペースに私と相手の2台しか駐車していなかったのです。それほどガラガラの状態でもあるにもかかわらず。なぜか前列左斜め前に駐車している車が右往左往しながらバックしてきて私の車に急接近してきました。


その時車内にいた私はエンジンもかけ切れていない状態のため、サイドブレーキもかかったままですのでハンドルでかわすこともできず、とっさに思いついた行動がとにかくクラクションを鳴らし続けることぐらいでした。

しかしその車はそのクラクション音に気づいていないのかハンドルを切りながら私の方へとバックしてきて、つきには左前方のバンパーにぶつかってきました。

あまりスピードも出ていない状態での衝突でしたのでそれほどの衝撃もなく、すこしバンパーがへこんだ程度でした。私は怒りのあまりクラクションを鳴らし続けました。

何故これだけガラガラの状態にもかかわらず、まっずぐバックせずに無駄に右往左往したハンドル操作をするのか、そしてクラクションが聞こえないはずはないのに気を向けられなかったのか、次々と疑問が沸き上がり怒りへと変わりました。

それほどなぜ事故が起きるのか全く理解できない状況だったのです。


すると相手の車から中年男性が下りてきてすぐに謝罪してきました。私は一切すみませんを言いません。それほど私には過失が感じられなかったのですから。


その男性は本当に申し訳ないと謝罪してきて、私の怒りも収まりましたがその男性の車の後部座席を見てびっくりしました。後部窓をすべてふさぐほど荷物を高く積み上げているのです。これでは後ろが見えにくいはずです。


すぐに保険会社に電話し、警察にも連絡し対応してくれました。警察の方も状況の聞き取りをしている最中でしたが、相手に対して「これでは事故が起きるはずですよね。完全な不注意ですよね」と注意していました。私に対しては何事もなく終わりました。結果10対0で相手の完全な過失でした。


まったく避けようのない予測不能な状況でしたが、こうやって事故は起きるのかと改めて勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です